【UNIFLAME】鉄瓶をのせたい焚火台をご紹介

未分類

こんにちはMasaakiです。
本日も、ご来店いただきましてありがとうございます。

取り扱い商品

  • 南部鉄器 鉄瓶
  • ユニフレーム 焚火台

あらためまして、ご来店ありがとうございます。
【Blog成せばなる】店長のMasaakiです。

昨日に続いて本日もキャンプをテーマにご紹介をさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。前回の記事(キャンプに鉄瓶を持って行こう【よくある質問にお答えします】

本日は、私たちが愛してやまない鉄瓶をカッコよく素敵にキャンプで使いたい。そんな要望を叶えるための素敵なアイテムをご用意させて頂きました。

ぜひ、お持ちの鉄瓶をキャンプの場でも使って頂きたいですし、周りからちょっと注目されるかっこいい焚火台に置いてみてはいかがでしょうか?

【素敵な焚火台】

今回ご紹介するのは、ユニフレームの焚火台をご紹介させていただきます

ユニフレームさんで取り扱いされている商品はシンプルでデザインがよく大変人気のある商品です。特に、ネイチャーストーブ(ラージ)は注文が殺到してなかなか手に入らない商品となっております。人気の理由はやはりカッコイイからです。

人気の焚火台を手掛けているユニフレームさんはこんな会社です。

【人気のユニフレームさんはこんな会社】

新潟県燕市にある日本のアウトドアメーカー【私たちは自然と友達になりたい】という理念・社風をもち自然に溶け込みやすい製品を開発されています。

What’s UNIFLAME?

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと、1985年に株式会社ユニフレームが創設されました。以来、日本の国産アウトドアメーカーとして日本の風土、文化を背景にしたアウトドアスタイルを創り続けています。自然への畏敬を古くからの伝統としいるこの国でアウトドアの楽しさを引き出す炎を絶えず燃やし続けたいと私たちは願っています。

出典:UNIFLAME  

We want to make friends with nature.

UNIFLAMEのロゴマークとともにあるこのフレーズは1991年、本格的にアウトドアメーカーとしてスタートした時からのものです。いつも自然と仲良くしていきたいという気持ちを、さまざまな道具を通じて応援していきたいという願いが込められています。

出典:UNIFLAME

自然に仲良くなるキャンプギアと一緒に日本の伝統工芸品である。
南部鉄器の鉄瓶をたのしみましょう。

【鉄瓶をのせたい焚火台】

  • 薪グリル
  • ネイチャーストーブ(ラージ)
  • ネイチャーストーブ

それでは、ご一緒にご覧ください。

薪グリル

焚き火での調理も楽しめるステンレス製かまど。
こちらは4人家族でも十分に使える大きさになっております。お子さんが火に薪をくべることも手軽にできる商品です。デザインもシンプルでよく。鉄瓶を置いたときの絵がとても素敵に見えます。

使用動画

特徴

  • ゴトクが三段階で調整可能
  • 地面から炭床まで約10センチの高さ
  • 中央に奥行きがあるので大きななべもOK

仕様

サイズ(使用時)約410×300×350(高さ)㎜
サイズ(収納時)約230×400×65(厚さ)㎜
材質ステンレス
重量約3.6㎏
分散耐荷重約10㎏

価格:13,500円(税込)

鉄瓶でお湯を沸かしながら調理もできる便利なグリルです。
組み立て式なの空間も取りませんし、手軽に移動ができる一品です。

ネイチャーストーブ(ラージ)

風の力を利用して効率よく炎を生み出すエコロジカルストーブ
こちらはソロキャンプに人気の焚火台です。
煙突効果を利用した加熱システムでとても人気がある所品です。
こちらもデザインもシンプルで使えばつかうほど味がでてきます。

使用動画

特徴

  • 下面がメッシュとなっていて大量の酸素を吸い込み上昇気流に変換させます
  • 側面に小窓がありそこから燃料を投下できます。
  • ゴトクの安定性も抜群

仕様

サイズ(使用時)約210×235×250(高さ)mm
サイズ(収納時)約205×215×45(厚さ)mm
材質ステンレス
重量約1.2㎏

価格:8,500円(税込)

鉄瓶も安定しておけるしっかりゴトクです。コンパクトで火力にも申し分のないとても素敵な焚火台です。こちらには小型のものをもあります。

ネイチャーストーブ

使用動画

コンパクトでどこにでも持って行きやすい焚火台です。

特徴

  • 下面がメッシュとなっていて大量の酸素を吸い込み上昇気流に変換させます
  • 側面から着火できる小窓があります。
  • ゴトクも付いています。

仕様

サイズ(使用時)約140×140×160(高さ)mm
サイズ(収納時)約130×130×15(厚さ)mm
材質ステンレス鋼(メッシュ部のみ耐熱鋼)
重量約320g

価格:5,500円(税込)

但し、このまま鉄瓶をのせてしまうのはこころもとないのでグリル台を利用して使うのをおすすめします。

おすすめのグリル台

こちらのグリル台の下にさきほどのネイチャーストーブを置いてご使用ください。上面には鉄瓶を置いてお湯を安定して沸かすことができます。そのほかにも、スキレットを置いて調理も可能です。

【キャンプで鉄瓶をオシャレに使いませんか】

鉄瓶と一緒にキャンプにいってみませんか
揺らめき炎をみながら、私たちの大好きな鉄瓶に水をそそぎ、美味しいコーヒーを頂く。これこそ、至福のひととき

今回は、人気のユニフレームの焚火台をご紹介しました。
とても人気でなかなか手に入りませんが、気長に待ちましょう。

ユニフレームさんのホームページには一生懸命対策をおこなっていると
書かれていました。長く愛用できる製品。手は抜けないっていう想いが伝わってきます。

それでは、本日もご来店ありがとうございました。
店長のMasaakiでした。