キャンプに鉄瓶を持って行こう【よくある質問にお答えします】

未分類

こんにちはMasaakiです。
本日も、ご来店いただきましてありがとうございます。

取り扱い商品

  • 南部鉄器 鉄瓶

あらためまして、ご来店ありがとうございます。
【Blog成せばなる】店長のMasaakiです。

突然ですが、みなさんキャンプはお好きですか?

ソロキャンプ・ファミリーキャンプ・ディキャンプなどいろんな楽しみ方がありまよね。本日は、キャンプに鉄瓶をもっていちゃおう!という提案になります。

あんな重たいものを…って思われた方も多いと思いますが、最近は車で乗り入れできるキャンプ場が多くあるのでそこまでもっていく苦労はなくなってきています。

キャンプの醍醐味といえば「自然との調和による非日常感」ですよね。
その大自然を感じて頂く中で沸かしたお湯が美味しくなる鉄瓶を使って美味しコーヒーを作ってみてはいかがでしょうか。

ということで本日は!
【鉄瓶をキャンプに持っていちゃおう】
こちらのご提案をさせて頂きたいと思います。

【鉄瓶とキャンプ】

鉄瓶を外に持ち出してやりたいこと…。
それは、美味しいコーヒーを楽しいみたいではないでしょうか笑

キャンプの良いところ

  • 自然の音
  • 木々のにおい
  • 気持ちの良いかぜ

こんな中で、美味しいコーヒーを飲み心のデトックスをする。
それこそが今回のご提案の価値になります。

そこで、鉄瓶をキャンプで使うときのよくある質問を2つほど集めてみました。

よくある質問

  • 鉄瓶を温める火力はなにいいか?
  • キャンプに合う鉄瓶の理想のサイズは?

どんな火をつかったらよいのか?サイズ感はどんなのが適しているのか
気になりますよね。

それでは、一緒に見て行きましょう。

火力はなにがおすすめか?

  • 焚火
  • 木炭
  • ガス

焚火

キャンプの醍醐味は火おこしです。自分で起こした火でぜひ鉄瓶を使ってお湯を沸かしてみてください。とても絵になり。素敵な時間になるのでおすすめです。

注意点

焚火の場合は、火加減が難しいので加熱しすぎにご注意してください。焚火は煙がでますので、使い終わったあとは煤を水洗いしてください。

木炭

BBQのあとの残り火を使って、湯を沸かすのにおすすめです。

注意点

肉の油により鉄瓶が汚れてしまうので、網を交換するか、肉の油が少ないとこで火にかけてください。

ガス

手軽に湯を沸かすのにおすすめです。焚火や炭と違ってにおいが衣類につかないです。衣類へのにおい移りが気になる方や、手軽に楽しみたい方におすすめです。

注意点

鉄瓶が重たいので五徳が小さいと不安定になりやすいです。

それぞれの特徴をまとめてみました。
その時の気分で、どうやって湯を沸かすかを考えてみるのも楽しいと思います。

続いて、
キャンプに持っていきたい鉄瓶の大きさはどれぐらいが良いかをみていきましょう。

キャンプに合う鉄瓶の理想のサイズ

鉄瓶の一般的なサイズは1Lのものが多く、重さはおよそ2㎏弱です。

なかなか重たい鉄瓶。
キャンプにもっていく場合は、人数に応じて大きさを決めていきましょう。

  • ソロキャンプの場合
  • ファミリーキャンプの場合

ソロキャンプにおすすめ

1人でのキャンプの場合は大きいさいずのものは邪魔になるので小さいサイズをおすすめします。

コーヒーだけを楽しむ場合

300mlサイズが良いと思います。
このよな商品がおすすめです。

コーヒー・料理で楽しむ場合

900mlサイズが良いと思います。
こちらの商品がおすすめです。

ファミリーキャンプにおすすめ

ディキャンプの場合でも1ℓ以上のものを持って行くのをおすすめします。

コーヒーだけを楽しむ場合

1150mlサイズが良いと思います。
こちらの商品がおすすめです。

コーヒー・料理で楽しむ場合

2,000mlサイズが良いと思います。
こちらの商品がおすすめです。

※注意点:満水の水をいれた場合は4.5㎏ぐらいになります。

外で楽しむ鉄瓶の魅力

みなさんこんな感じで楽しんでいますね。

鉄瓶をキャンプで楽しむ動画 (料理・焚火)

鉄瓶をキャンプで楽しむ動画 (コーヒー・焚火)

鉄瓶をキャンプで楽しむ動画 (コーヒー・ガス)

鉄瓶をキャンプに持って行こう

鉄瓶で淹れたコーヒーをキャンプ場・河川敷・森の中でコーヒーを楽しむ。
とても素敵な時間を味わえるとおもいます。

いかがだったでしょうか。
ひと手間かかりますが、それ以上に贅沢な時間・空間を楽しめること間違いなしです。鉄瓶とキャンプに出かけましょう。

ぜひこれを機に、お持ちのキャンプ道具に鉄瓶を加えてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日もご来店ありがとうございました。
店長のMasaakiでした。