失敗しないお部屋さがし(内見)

RoomRental お部屋探し

内見の重要性

春はお引越しの多い時期ですね。これからお引越しを予定されているかも多いと思います。いままで住んでいた場所から、新しい場所に変わるだけで、新しいことをしてみようかなぁと思う方も多いみたいです。そんな前向きな気持ちになる大切なお引越しを失敗しない為にも内見は必要です。

内見時は管理品質を見よう

内見で重要なのは、住む場所・周辺を知ることと、管理の品質を見ることです。住む場所については、注意が向きますが、管理品質にまではなかなか注意が向く方は少ないと思います。だから、管理品質をしっかり見ておく必要があるのです。管理の品質が悪い事例としては、部屋が汚い、共用廊下・階段も汚い・共用灯がいつまでも切れている・ゴミ置き場がゴミであふれかえっている・管理会社に連絡しても適切に動いてもえないなどが多くあります。

内見で管理品質をチェックするための3つの視線

内見で失敗しないための3つの目線をお伝えいたします

  • 共用廊下・階段・ゴミ捨て場を見ておく
  • ポストを見ておく
  • お部屋の水回りをしっかりみておく

この3つの目線で物件を見ることで、管理の行き届いた物件に住むことが出来ると思います。それにより、安心・安全な新生活をはじめことが出来ます。

共用廊下・階段・ゴミ捨て場を見る

清掃状況を見るポイントは、まずは共用廊下・階段がきれいにされているかどうかを確認しましょう。されていない場合は、管理品質が低いので注意が必要です。

次に、ゴミ置き場がきれいに利用されているかどうか確認しましょう。段ボール・粗大ごみ・回収されていないゴミがそのまま置いてあるようでしたら、入居者の方のマナーが低いと思われます。その為、共用部に荷物を置いてみたり・騒音等のトラブルの可能性がありますので注意が必要です。合わせてその状況が把握できていない管理会社は、現地を見れていないため、共用部で良くある駐輪場を放置自転車が占拠するなどのトラブルにも気づかないことが多いです。

集合ポスト・各部屋のドアポストを見ておく

ポストを見るポイントは、まず案内されるお部屋のポストがきれいに封鎖されているか確認しましょう。されていない場合は、管理品質が低いので注意が必要です。

次に、他のお部屋のポストがきれいに利用されているか確認しましょう。ポストに大量のチラシが入っている場合は、滞納されている可能性が高いです。滞納者の方のお部屋は汚く使っている場合が多くゴキブリが発生し、他のお部屋にまで影響が出ることが考えられますので注意が必要です。合わせてその状況が把握できていない管理会社は、状況把握力が低い為、共用灯が切れてもすぐに交換されないことが多いです。

お部屋の水回りをしっかりみておく

水回りを見るポイントは、トイレ・キッチン・浴室・洗面台・洗濯機置き場ですが、綺麗か確認しましょう。汚く感じる場合は管理品質が低いので注意が必要です。

【特に見ておきたい個所】

  • トイレ:温水便座のノズル・タンクの水漏れ・ペーパーホルダーのがたつきをチェック
  • キッチン:排水溝・換気扇・水切り棚・コーキングのカビをチェック
  • 浴室:排水溝・鏡・洗面ボールがある場合はその下・換気扇・カビをチェック
  • 洗面台:排水溝・鏡・部品がきちんとあるかをチェック
  • 洗濯機置き場:排水溝・取付エルボがあるかどうかチェック

各箇所で清掃の不具合・水漏れが発生している場合は、入居前に対応して頂くように仲介の方に伝えておきましょう。

福岡市内の不動産管理会社で14年間入居・退去業務に携わってきました。管理会社の役割は、入居者さんが安心・安全・快適に過ごしていただける環境を提供させて頂くこととなります。その経験より今回のアドバイスをさせて頂きました。管理品質の高い所と低い所では入居環境に多く影響します。特に設備トラブル・近隣トラブル・共用部でのトラブルが発生した場合に、管理品質が低い場合は、対応スピードが圧倒的に遅いです。

ここまで読んで頂いて、必要はわかったが、内見そこまで時間をかけれない方も多いと思いますが、管理品質により入居後の環境が決まります。品質が低いと感じられる場合は、人手不足により、業務に追われているので会社本位・担当者本位で物事を考えがちですので、スムーズな対応ができないことが多いです。この記事をご覧頂いた方にはそのような物件ではなく、きちんした管理品質の中で住んで頂き、快適な新生活のお役に立てたのなら幸いです。