引越し後の鍵の返却が遅れると費用請求される

RoomRental 退去時のトラブル

こんにちはMasaakiです。

これから賃貸していたマンション・アパートのお部屋から退去を考えている方・既に退去が決まっている方に向けて、鍵の返却は重要度が高い作業というお話をしたいとおもいます。実は、鍵の返却が遅れてしまうと追加請求がある場合がありますので、十分に注意してください。

本記事の内容

  • 引っ越し後の鍵の返却方法
  • 鍵の返却が遅れると請求もある

私は、14年間アパート・マンションの建物管理の会社で働いていましたので、入居者さんの困りごとや、管理会社の目線での退去受付・退去後の対応がわかりますので、その知識をお伝えして、読者の方にスムーズな退去の手続きをしていただければ嬉しいです。

引っ越し後の鍵の返却方法

返却方法は管理会社の退去時立会が有るか無いかで変わります。

  • 退去立会あり:退去立会時に返却
  • 退去立会なし:管理会社へ持込・郵送での返却

それぞれの返却方法を解説していきます。

退去立会時に返却

管理会社もしくは、原状回復工事業者の方があなたのお部屋のルームチェックにくるので、その時に渡します。そのため、すべてのことを終わらせて、お部屋のなかは空っぽの状態で立会をおこないます。

管理会社へ持参・郵送での返却

退去日までに管理会社へ持参・郵送での返却をおこないます。注意する点は持参の場合は、基本は手渡しです。郵送の場合はレターパックで送ってください。

引越し後の鍵の返却が遅れると費用請求される

一番怖いのがここです。鍵の返却が遅れたことで追加請求がされることです。

  • 延長分の日割り家賃
  • 鍵交換代金

延長分の日割り家賃

お部屋の引き渡しは、鍵を渡すことで完了します。鍵が戻ってきてないうちは、入居者の方が占有している状況ですので、占有していた期間の家賃を日割りで請求されます。

ちなみに新しいお部屋の鍵は、入居日の午前0時から鍵が使えるように、管理会社から不動産屋さんへは、入居日前日に鍵を渡しています。

鍵交換代金

管理会社によって対応はかわってきますが、鍵が戻ってこないためにお部屋の鍵を鍵屋さんに頼んで開錠する代金です。

入居者の方からみた場合、たった数日なので鍵屋さんを頼んで開錠するのは、やり過ぎじゃないかと思われるとおもいますが、実はやり過ぎではないです。次の入居が決まっていた場合は、すでに入居に向けた日程がくまれています。この日程は、繁忙期であれば、時間単位でくまれてあります。

行程

  • 原状回復工事の日程
  • 入居前点検・準備作業の日程
  • 鍵交換手配の日程
  • 不動産屋さんへの鍵引き渡し日

鍵交換を行うのは、次の入居に間に合わすためです。

そのため、鍵の返却が遅れて原状回復工事の取り掛かかる日にちがずれることにより、すべての工程が遅れてしまい、次の入居に間に合わなくなるからです。間に合わない場合は、入居者の方のすべての段取りがずれてしまうために責任問題となることが多いからです。

以前は管理会社で管理キーを預かっていましたが、管理キーを使った犯罪の可能性もあり、入居者の方にすべての鍵を渡している管理会社が多くなっています

最後に

鍵の返却は、必ず退去日まで持参もしくは、配達記録・追跡が可能なレターパックで届くように郵送しましょう。遅れてしまうと日割り・鍵交換代金の請求がされる可能性がありますので、十分に注意をしてください。

関連記事:賃貸物件をスムーズに退去する方法を教えます

この記事を読んで、いただいた方が新生活の準備が迷いなく快適にできたら幸いです。