賃貸ではたばこのヤニ汚れ・臭いは請求されます

RoomRental 入居中のトラブル 退去時のトラブル

こんにちはMasaakiです。

これから、アパート・マンションに入居・退去される方、たばこを室内で吸った時の退去時の費用が気になりますよね。退去時のクリーニング費用は使用状況によって全く変わってきます。事前に知ることで、費用を抑えることができたら嬉しいですよね。管理会社で14年間の知識をここでご紹介させていただきます。

たばこを吸って請求される内容

退去時のルームチェック時にタバコを室内で吸っている部屋はすぐわかります。代表的な請求対象を3つご紹介します。

  • エアコンの風がヤニ臭い
  • 壁・天井のクロスが黄色くなっている
  • エアコン本体・インターホン・建具が黄色くなっている

上記にあてはまるとほぼ請求されると思ってください。この費用は、退去時のクリーニング費用とは別に請求されることが多いです。理由は、入居者の方の過失による損耗のためです。

過失の損耗とは

※賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等

国土交通局住宅局 ガイドラインより

エアコンの風がヤニ臭い場合

請求内容は、エアコン内部洗浄です。

おおよそ1台あたり12,000~15,000円くらい請求されると思います。

壁・天井クロスが黄色くなっている

請求内容は、クロスの張り替えです。

量産品でおおよそ1㎡あたり1,000円~1,500円くらい請求されると思います。洗えるクロス・柄物1,000番台のクロスの場合は1,500~2,000円くらい請求されると思います。

エアコン本体・インターホン・建具が黄色くなっている。

請求内容は、エアコン本体交換・インターホン交換・建具の交換です。各種料金は設備内容により異なるので一概にいえませんが、高くつくことは間違いないです。

タバコを吸うのに注意すべきこと

共同住宅(マンション・アパート)でたばこを吸ってはいけない場所

  • ベランダでは吸わない
  • 換気扇の下でも吸わない
  • 建具が白の場合は注意

上記の場所は、1.2はクレームが多かったからです。3は、ヤニ汚れが付着しやすいため追加の費用請求がされやすいからです。

ベランダでは吸わない

共同住宅のベランダはほかの部屋と近いために他の部屋の方からクレームが入ります。

よくあるクレーム

  • 窓を開けていたらタバコの臭いがする
  • 洗濯物にタバコの臭いがついている
  • 吸い殻が捨てられている

換気扇の下でも吸わない

共同住宅の換気扇の吹き出し口は、共用通路側にも向いていることがあるために他の部屋の方からクレームが入ります。

よくあるクレーム

  • 共用通路がタバコの臭いがする
  • 換気扇吹き出し口の壁が汚い

建具が白の場合は注意

白い建具は、茶系よりもヤニ汚れが目立ちます。住んでいる本人は気付きにくいのですが、退去時にお部屋に入ると黄色くなっていて目立ちます。そのため、茶系より白色は交換する必要が高いため注意が必要です。特に、クロスを張り替えたらより目立ちます。

安心してタバコを吸うためには

部屋のサイズよりも大きめの空気清浄機を購入して、運転モード「強」の状態で喫煙することをおすすめします。

1つ追加すれば脱臭フィルターがついているものが良いです。より臭い成分を取り除いてくれるからです。ペットやたばこにお勧めされています。あと、定期的に、フィルターのメンテナンス・交換も忘れずに行っていきましょう。

この記事を見ていいただいた方が快適な新生活が迎えられたら幸いです。