転職活動で自己PRが書けない人!この本であなたの強みが見つかります。

Business

どうもMasaakiです。

自己PRを求めている一千万人の自己PR探検家のみなさんこんにちは^^

今日はわたしが、いろいろ試したなかでも圧倒的に!自分の才能を知ることができる本をご紹介させてもらいます。

この記事を見ていただけたら、自分の才能・強みを客観的に知ることが出来ます。

職務経歴書の自己PR欄をかけない人は、裏付けのある自分の強みを自己PRの欄に書くことができます。

私がこの本と出会うまでに、いろいろな自己分析を試してきました。「カバラ占術・姓名判断・エニアグラム・性格診断など」のあらゆるものを試してきたなかで、みなさんに自信をもってご紹介できる本です。この本に出会えたあなたは、自分の強みを知ることで自己PRが書けるようになります。

本の紹介するまえに私が、いままで試したなかでもおもしろく・ためになったサイトもご紹介します。基本無料のサービスです。一部課金あり。

ではでは、本題にもどって本の紹介をすすめていきましょう。

目次

  • この自己分析であなたの才能がわかる
  • 34個の才能
  • 才能と強みとは
  • さぁあなたの強みを知ろう

自己分析であなたの才能がわかる本

自信をもって紹介する本のタイトルは!

さあ、才能に目覚めようストレングス・ファインダー2.0です。

私も先日この本を買いました。買った目的は、本の中身というよりもWebテストを受けることでした。本を買うとテストを受けるアクセスコードがついてくるんです。

本の最後に袋とじされたページがありますそこに、アクセスコードキーが印字されているんです。専用サイトにキーを入力することでテストを受けることができます。

テストは、1問20秒という短い時間で答えなくてはなりません。直観的に答えることで、より自分の思考があらわになりそこから才能が見えてくるそうです。

その後、あなたの才能を上位5つまで教えてくれます。※別途課金することで、6つめ以降も知ることもできます。

私の結果は下に書いたようなものでした。

  • 1位 運命思考 
  • 2位 内省 
  • 3位 回復志向
  • 4位 個別化
  • 5位 学習欲

私が、この中で注目したい才能は、回復志向と個別化です。回復志向は問題解決が好き・個別化は人の長所に目をつけるのが得意です。

この2つの資質を強みに育てるために、コンサルティング・アドバイザーなどを目指して行くことにしました。

このストレングス・ファインダー2.0を知ったきっかけは、勝間和代さのYouTubeで紹介されていました。勝間さんご自身もこの本を買ってテストをされたそうですよ。

ちなみに勝間さんの結果は、自身の動画で解説もされています。気になる方は、ぜひ動画も見てみてください。

  • 1位 学習欲
  • 2位 着想
  • 3位 最上志向
  • 4位 活発性
  • 5位 目標志向

34個の才能

ストレングス・ファインダー2.0では、34個に才能をカテゴライズしています。このなかからあなたの才能をみいだしていきます。

それぞれの説明は、詳しく本に記載されています。それぞれの特徴の解説・有しているひとの声・行動アイデア・その人との付き合い方が丁寧にかかれていました。

才能と強みとは

ストレングス・ファインダー2.0では、才能だけではあなたの強みにはならないと書いています。なぜなのか?

才能とはあくまで原石であって、磨かれた宝石ではないからです。

原石である才能を丁寧に磨くことで、輝かしい宝石へと進化し、それがあなたの強みとなります。時間をかけて磨くことで、輝きがましあなたを救ってくれる力となります。

ただ重要なのは、あなたが、あなたの才能を磨くための場所にいることです。

あなたは、ストレングス・ファインダー2.0を通じて、自分の才能を知り、その才能を今までの経験と照らし合わせてみてください。

もし、あなたの思った結果と異なった場合は、まだ新しい素質がねむっている状態です。

その素質に目を向け、磨きあげたら、あなたの最も信頼できるパートナーとなります。

  • 強みの方程式 
  • 強み=才能×投資(練習やスキル開発、知識を身に付けるためにかける時間)

さぁあなたの強みを知ろう

ここまでストレングス・ファインダーの中身のはなしをしてきました。

どうだったでしょうか?

才能とは必ずしも自分の強みにならずに埋もれてしまい、強みにならないまま終わってしまうこともあります。

息を吸う様に仕事をして成果を出している人や、人生を楽しんでいる人と、そうではない人との違いは、強みを活かして生きているかどうかだと言われています。

突然ですが!

漫画「HUNTER×HUNTER」をしっていますか、そこでは、個別の能力として念能力というのがあります。自分の念能力の性質をしるために利用する「水見式」というものがあります。

コップの水に手を当てて気をおくると、コップの水に変化があらわれます。その変化の結果によって自分の能力を知ることができるんです。読んだ方は一度はやってみたいと思うシーンですねw

自分が、自分の能力を知っていて戦うのと、知らないで戦うのでは雲泥の差があります。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。自分の才能を知っている人は自分に利がある様に戦います。

この水見式の才能テストが「ストレングス・ファインダー」にあたります。

あたなは、自分の才能を知ることができるのは、近しい人に教えてもらうもしくは、この本のテストを受けてみることです。

ではでは、ありがとうございました。

ストレングス・ファインダー2.0が、気になったかたは下のリンクからAmazonのサイトにとぶことができます。

これから職務経歴書に自己PRを書く方には購入をお勧めします。自分の強みを客観的に知ることで更に強くなれます。一緒にがんばりましょう^^

さあ、才能に目覚めようストレングス・ファインダー2.0